ヘアーケアーアイテムの選び方使い方

>

健康な髪を作るために

ヘアカラーを効果的に使う

髪は日々伸びているので定期的に染めないと根元から白髪が出てきます。
早い人は月一度の美容院では間に合わず、市販のヘアカラーで自分で染める人も多いのですが、市販のヘアカラーは髪を痛めると言います。
特に価格の安いものは強引にキューティクルを開かせて染めるような成分を含んでいる様でダメージが大きいのですね。
月に数回美容院通いは金銭的負担も大きいのでダメージが少ないカラートリートメントを利用するのがいいかもしれません。
基本的にカラートリートメントやヘアーマニュキュアは酸性で髪に負担が少ないのです。
幾つか種類がありますが食物成分や植物成分配合の頭皮にも安心に使えるものが良いでしょう。
カラートリートメントはすぐに完全に染まるものではないので習慣的に使用する必要があるという事からも成分には拘った方がよいでしょう。

予防のための育毛剤

育毛剤と発毛剤は違うものです。
発毛剤は使用年齢制限などもある成分を含んでいますが育毛剤はそういった制限はありません。
海外では若い人も使い始めているようですね。
海外の人はアップのヘアースタイルが多く紫外線などで生え際が薄くなってしまう事を懸念して使い始めるケースもあるようです。
育毛剤は薄毛予防なので髪が生えてくると言うものではありません。
抜け毛などが多くなってきたら使い始めた方が良いかもしれません。
薄毛の傾向は10代後半から始まるとも言われていますから頭皮のトラブル予防にも早めに使って予防するようにしましょう。
育毛剤には薬品成分は含まれていませんから副作用の心配はないと言いますが、アレルギー体質の人や敏感肌の人は気を付けた方が良い場合もあります。


この記事をシェアする